写真

スペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリア教会前でスローガンを叫ぶデモ参加者=18日(ロイター=共同)

【ブリュッセル共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州で18日、同国最高裁が14日に州独立を問う住民投票を強行した前州閣僚らに禁錮刑を言い渡したことに抗議する独立派住民による大規模なデモが5日連続で行われ、州都バルセロナにある世界遺産のサグラダ・ファミリア(聖家族)教会ではデモ隊が入り口をふさぐ事態に発展、同教会は18日、来場者らの安全確保のため営業を停止したと発表した。スペインのメディアが伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング