【ブリュッセル共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会の部分会合が18日までにパリで開かれ、日本政府が働き掛けた「世界の記憶」(世界記憶遺産)の登録制度改革の内容を決める期限を、来年秋まで1年延ばすことを決定した。今月までに検討結果の最終報告をまとめる予定だったが、加盟国間で合意できなかった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング