関西空港は19日、空港周辺の上空にドローンのような飛行物体が確認されたため、午後8時45分ごろから約40分間、全ての滑走路で離着陸を停止した。 国土交通省や関空を運営する関西エアポートによると、関空に到着する飛行機の乗員が目撃したとみられる。飛行物体が周辺から去り、安全が確認されたとして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング