写真

台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

安倍晋三首相は20日午前、台風19号による河川氾濫などで甚大な被害が出た長野県を訪問した。長野市で決壊した千曲川の堤防を視察し、浸水した住宅地の被害状況を確認した。避難所も訪れ、被災者から要望を聞く。 首相が台風19号の被災地を訪れるのは17日の宮城、福島両県に続いて2回目。早期の河川復旧や被災者支援に全力を挙げる考えだ。午後には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング