【ロサンゼルス共同】太平洋戦争のミッドウェー海戦で沈んだ旧日本海軍の空母「加賀」を北太平洋で発見したとする米調査チームは20日、音波探知機(ソナー)により水深約5280メートルの周辺海底で見つけた2隻目の船影について、形状や発見場所から空母「赤城」と特定した。担当者が明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング