神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、加害者が有給休暇扱いであることに批判があるとして、神戸市が給与の支払いを差し止める条例制定の検討を始めたことが24日、市への取材で分かった。 市教育委員会によると、加害者は30代の男性3人と40代の女性1人で、現在は事実上の謹慎中。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング