写真

ジェームズ・ディーンが出演した「ジャイアンツ」の一場面(AP=共同)

【ロサンゼルス共同】60年以上前に亡くなったハリウッド映画界の伝説的俳優ジェームズ・ディーンがコンピューターグラフィックス(CG)処理でよみがえり、準主役で“出演”する映画づくりが進んでいる。映画界やファンからとまどいや反発も出ており、故人の映像使用を巡る論争が白熱する可能性もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング