写真

韓国大統領府の高ミン廷報道官

【ソウル共同】韓国大統領府の高ミン廷報道官が11日、テレビ番組に出演し、失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「わずかだが時間はまだ残っている」と述べ、日本の対応次第で破棄決定を再検討する姿勢を重ねて表明した。 高氏は、協定破棄について「われわれとしては非常に難しい決定を下した」と指摘。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング