NTTが電力販売事業に2020年度からの6年間で計6千億円投資する計画であることが11日、分かった。全国に約7300棟ある自社ビルの非常用蓄電池にためた電力を、工場や病院といった地域の事業者に供給するための送配電設備に充当する。災害時などのバックアップ電源としての需要を期待している。 送配電設備は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング