写真

11日、イラン・ケルマン州ラフサンジャンで演説するロウハニ大統領(イラン大統領府提供、AP=共同)

【ウィーン共同】イラン核合意の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)は11日、イラン国内の未申告の場所から天然ウランの粒子を検知したことを確認したとする報告をまとめた。秘密裏の核関連活動の可能性を示しており、IAEAへの全面的な協力を前提とする核合意の根本が揺らぐことになる。 報告書によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング