写真

路面電車のレールを雪かきする人たち=15日早朝、札幌市中央区

北海道付近の上空1500メートルに氷点下15度以下の真冬並みの寒気が流れ込んでいる。気象庁は15日、日本海側を中心に車の運転が困難になる全く見通しがきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。強い冬型の気圧配置は16日にかけて続く見通し。 気象庁によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング