写真

公正取引委員会=千代田区霞が関

公正取引委員会は22日、浄水場で水から不純物を除去するためなどに使われる活性炭の納入を巡り、東証1部上場の化学メーカー「クラレ」(東京)など計16社が談合を繰り返したとして、独禁法違反(不当な取引制限)で、うち12社に再発防止に向けた排除措置命令を、11社に総額約4億3千万円の課徴金納付命令を出した。 命令を受けたのは、他に大阪ガスケミカル(大阪)、水ing、本町化学工業(いずれも東京)など。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング