自分の父親が知人を恐喝した疑いのある現場に居合わせたのに、制止しなかったなどとして、福井県警が福井署の課長を務める50代の男性警部を本部長訓戒としていたことが3日、県警への取材で分かった。処分は11月29日付で、警部は同日、依願退職した。 県警監察課によると、父親は2013年春ごろ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング