立憲民主党の安住淳国対委員長は3日の野党会派の会合で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿廃棄に関し、安倍政権を終戦時の旧日本軍に例えて批判した。「公文書は国民の財産だ。政府はガソリンで書類を燃やした陸軍のような悪いイメージを持たれていいのか」と述べた。 9日の今国会会期末を控え「50日もたてば安倍晋三首相を国会に呼ぶ。暮れと正月は逃げられると思ったら大間違いだ」と強調し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング