名古屋市立小5年の男児が同級生から多額の現金を要求され支払った問題で、学校は5日、全学年の保護者へいじめの経緯などを伝える説明会を開いた。市教育委員会は同日の市議会教育子ども委員会で、現金をこれまで10万~20万円としていたが約20万円だったと再び訂正した。 委員会終了後、山田昌弘委員長は「(男児らが)一日も早く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング