【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)と米疾病対策センター(CDC)は5日、はしかにより、世界で2018年に14万2300人が死亡したとの推計を発表した。17年の12万4千人から増えており、今年も増加傾向にあるとして、WHOはワクチン接種率の向上を呼び掛けている。 死者は地域別ではアフリカが最も多く5万2600人。中東が4万9千人、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング