関西電力は6日、電気とガスをセットで契約し、料金の割引を受けている一般家庭705戸に計約171万円を過大請求していたと発表した。システム変更時のミスで割引が適用されていなかった。対象顧客に文書を郵送して謝罪し、返金を進める。 過大請求があったのは2018年5月~19年11月。電気とガスの小売り全面自由化に伴うシステム変更時にミスがあった。1契約当たり最大で2万3991円を過大請求していた。 関電は11月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング