【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は7日、トランプ米大統領と北朝鮮情勢などについて電話会談し、米朝間の対話の機運を維持しなければならないとの認識で一致した。韓国大統領府が発表した。非核化を巡る米朝協議が停滞する中、北朝鮮は交渉期限とする年末に向けて米韓へのけん制を強めており、対応策などを話し合ったとみられる。 トランプ氏は3日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング