8カ月次女への傷害容疑で父逮捕 意識不明の重体

共同通信 / 2019年12月8日 11時32分

高知東署は8日、当時生後8カ月の次女に2月、暴行を加え意識不明の重体にしたとして、傷害の疑いで高知市薊野北町の会社員山下真司容疑者(34)を逮捕した。 署によると、次女は急性硬膜下血腫などで入院中。複数の専門医師から「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」とみられるとの見解が示された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング