写真

カペラステークスをコパノキッキングで制し、中央競馬の重賞レース初制覇を果たした藤田菜七子(手前)=8日、千葉県船橋市の中山競馬場

日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)は8日、千葉県船橋市の中山競馬場で行われたカペラステークス(1200メートルダート、G3)で2番人気のコパノキッキング(4歳せん馬、村山明厩舎)に騎乗して1着となり、デビュー4年目、23度目の挑戦で中央競馬の重賞レース初制覇を果たした。 日本人女性騎手の中央重賞制覇は初めて。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング