【ウラジオストク共同】中国や台湾、韓国の旅行業界関係者らが6日に北方四島の択捉島を訪れたことが9日分かった。同島の旅行会社が明らかにした。日本政府はロシアのビザを取得した4島入りや経済活動は同国の主権を認めることになるため自粛を求めているが、ロシアは積極的に受け入れ、第三国からの訪問が常態化していることが確認された。 日本側の反発は避けられず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング