【カブール共同】アフガニスタン東部ナンガルハル州で福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が殺害された事件で、中村さんの移動ルートを把握するため、襲撃犯が事前に尾行していた可能性が高いことが10日、内務省への取材で分かった。周到に段取りを決め、犯行に及んだとみている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング