公益財団法人「日本数学検定協会」(東京)は10日、今年10月に実施した実用数学技能検定で、兵庫県西宮市の小学4年安藤匠吾君(9)が理数系大学の卒業レベルとされる1級に合格したと発表した。昨年、小5の11歳で合格した高橋洋翔君の最年少記録を塗り替えた。 協会によると、安藤君は7歳ごろから数学検定への合格を目標に学習を始めた。「学んだ数学の知識を生かして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング