写真

ポンペオ米国務長官(ゲッティ=共同)

【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は10日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射再開も示唆して対米批判を強めていることに関し、金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ大統領との会談で「長距離弾道ミサイルの発射や核実験をしないと約束した」と強調し、約束を守るよう強く望んでいるとして自制を求めた。 訪米したロシアのラブロフ外相との共同記者会見で述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング