新潟女児殺害、被告側が控訴 無期懲役の地裁判決を不服

共同通信 / 2019年12月11日 15時31分

新潟市で昨年5月、下校途中の小学2年の女児=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた小林遼被告(25)の弁護人は11日、無期懲役とした4日の新潟地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。 公判で弁護側は、殺意もわいせつ行為もなかったとして傷害致死罪が成立すると主張。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング