母子3人殺害、元警官に死刑 福岡地裁、被告は無罪主張

共同通信 / 2019年12月13日 15時6分

福岡県小郡市の住宅で2017年6月、母子3人が殺害された事件の裁判員裁判で、殺人罪に問われた元県警警察官中田充被告(41)に福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は13日、死刑の判決を言い渡した。 検察側は死刑を求刑。直接証拠はなく、被告は逮捕段階から一貫して無罪を主張していた。 起訴状によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング