雇用保険制度の見直しを巡り、厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会は13日、自己都合で退職した人が失業手当を受け取れるようになるまでの給付制限期間を試行的に現在の3カ月から2カ月に短縮する案を了承した。政府は多様な働き方を推進しており、転職しやすい環境整備が狙いだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング