旧優生保護法(1948~96年)下で知らない間に不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、聴覚障害のある大阪府の70代夫婦が13日、国に計2200万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴した。 訴状によると、夫婦は福井県出身で、両耳が聞こえず聴覚障害2級と認定されている。2人は74年に20代で結婚し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング