放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は13日、沖縄と富山の民放局が制作・放送した2番組について広告放送の疑いがあるとして審議入りを決めた。 審議対象は、琉球朝日放送が9月21日に放送した「島に“セブン―イレブン”がやって来た沖縄進出の奇跡と挑戦」と、北日本放送が10月13日に放送した「人生100年時代を楽しもう!自分に合った資産形成を考える」。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング