【サンパウロ共同】ブラジルの右翼ボルソナロ大統領は17日、ナチス・ドイツのゲッベルス宣伝相と酷似したビデオメッセージを発信したと指摘された文化庁のアルビン長官を更迭した。ボルソナロ氏は国家主義やキリスト教に根ざした芸術振興を目指しているが、推進役の文化行政トップに足をすくわれた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング