写真

1960年1月、現行の日米安全保障条約に署名する岸信介首相(中央左)と見守るアイゼンハワー大統領(同右)。左端は藤山愛一郎外相、右端はハーター国務長官=ワシントンのホワイトハウス(AP=共同)

【ワシントン共同】現行の日米安全保障条約は19日で署名から60年となった。両政府は長年、重要性を強調してきたが、「米国第一」を掲げ同盟関係を軽視するトランプ大統領は「不公平」と非難し、日本に一層の負担増を要求している。米国は「世界の警察官」を辞めると宣言し、中国は軍事力を増強、北朝鮮は核開発を続けてきた。東アジアの安保環境が激変する中、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング