写真

国民民主党の両院議員総会後、記者団の取材に応じる玉木代表=20日夜、東京・永田町の党本部

国民民主党は20日、立憲民主党との合流構想を巡り、両院議員総会を党本部で開き、協議を継続する方針で一致した。玉木雄一郎代表は冒頭「政策、理念の擦り合わせは不可欠だ。協議を打ち切るつもりはない」と述べた。立民はこれ以上、国民との協議には応じない方針だ。国民の合流推進派は総会で、立民と早期に基本合意するとの議決を要求。参院などの慎重派との間で議論が紛糾した。 衆院の中堅・若手を中心とした合流推進派は「速やかに党首会談を開き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング