宿泊予約キャンセル疑い親子逮捕 2200回か、ポイント不正取得

共同通信 / 2020年1月22日 13時17分

宿泊予約サイトを通じて予約した京都市内のホテルを無断でキャンセルし、業務を妨害したとして、京都府警は22日、私電磁的記録不正作出・同供用と業務妨害の疑いで、住所不定の岸田治子容疑者(51)と息子の治博容疑者(30)を逮捕した。昨年2~10月、無断キャンセルを2200回以上繰り返し、宿泊などで使える約190万円分のポイントを不正に得ていたとみて、詳しく調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング