長崎市青山町の団地内を通る私道を所有する不動産管理業者が、一部を封鎖して通行料を請求した問題で、住民7人が業者に通行妨害の禁止と慰謝料140万円の支払いなどを求めて長崎地裁に提訴したことが22日、分かった。21日付。他の住民の追加提訴も検討しているという。 住民側の代理人弁護士によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング