写真

スズキ本社=浜松市

【ダボス共同】オランダの自動車規制当局は23日、スズキのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ」(日本名エスクード)のディーゼル車に関し、排ガス検査で不正があったとして改善を命じた。ロイター通信が報じた。有害な窒素酸化物(NOX)の排出量を少なくみせていたといい、スズキが適切な対策を打たなければ欧州の型式認証を取り消す手続きに入るとしている。 ドイツでも検察が三菱自動車の関係会社に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング