愛媛県伊方町の高門清彦町長は27日午後、伊方原発で一時電源を喪失するなどトラブルが相次いだことを受け、町役場に謝罪に訪れた四国電力の長井啓介社長に対し「伊方発電所への町民の信頼を、根幹から揺るがしかねない重大な事態で影響は多大」との注意文書を手渡し、原因究明と対策を求めた。町によると、四電に文書で注意喚起するのは異例という。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング