磁気ネックレスの預託商法などを展開し、巨額の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京)の被害弁護団は28日、2015年の首相主催「桜を見る会」に同社の山口隆祥元会長が招待された疑惑を巡り、安倍晋三首相と政府に対し被害者への謝罪を求める声明を出した。 この日、東京都内であった山口元会長と娘のひろみ元社長の第1回債権者集会後、明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング