【北京共同】中国内外の人権派弁護士らが26日までに、中国での新型コロナウイルス感染症の患者や遺族を支援する「顧問弁護団」を結成した。ウイルスが人から人へ感染することなど重大な情報の公開を遅らせ、大規模感染を招いたとして、中国政府への損害賠償要求を目指す。悲劇が繰り返されるのを防ぐ狙いだが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング