【モスクワ共同】北方領土の国後、色丹両島や歯舞群島を事実上管轄するロシア極東サハリン州南クリール地区のウラセンコ地区長は8日、州知事らとのテレビ会議中に部下の女性にセクハラ行為をしたのは不謹慎だったとして謝罪した。テレビなどを通じてセクハラ場面の映像が拡散していた。 新型コロナウイルス感染拡大防止のためプーチン大統領や閣僚はテレビ会議を導入している。今回のテレビ会議はサハリン州への投資をテーマに3月27日に開催。ウラセンコ氏は国後島のユジノクリーリスク(古釜布)から参加し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング