写真

中国全人代の開幕式に出席した香港政府の林鄭月娥行政長官(上右)。下は習近平国家主席=22日、北京の人民大会堂(共同)

【香港共同】中国の全国人民代表大会(全人代)で審議入りした香港での国家安全法に関する決定草案に、中国政府の治安機関が香港に出先機関を設立できるとの規定が盛り込まれたことで、香港に不安が広がっている。香港各紙は23日、「香港に中国共産党の秘密警察が進駐することになる」(蘋果日報)などと報じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング