写真

新型コロナウイルスの感染が拡大する前の「自然学校」の様子=2014年7月、山梨県北杜市(日本環境教育フォーラム提供)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、子どもが野外体験できる場を提供する「自然学校」の経営が窮地に立たされている。日本環境教育フォーラムなどによる各地の学校への調査で、売り上げの損失見込み額が少なくとも総額約18億円に上ることが30日分かった。関係者からは「子どもが自然と触れ合える機会を失いかねない」と懸念の声が上がる。 調査は4月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング