前検事長賭けマージャンで告発状 市民団体が特捜部に

共同通信 / 2020年6月2日 17時36分

黒川弘務前東京高検検事長(63)が、新聞記者らと賭けマージャンをしたのは常習賭博罪に当たるとして、市民団体「安倍首相による検察支配を許さない実行委員会」は2日、黒川氏に対する告発状を東京地検特捜部に提出した。 告発状によると、黒川氏は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下だった4~5月、東京都内の産経新聞記者宅で賭けマージャンを繰り返すなどしており、常習的で悪質だと指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング