写真

マラリア原虫を媒介するハマダラカ

東南アジアや中南米で広く流行する「三日熱マラリア」に無症状のまま感染している人を見つける診断法を開発したと、愛媛大などの国際チームが4日までに発表した。原因寄生虫(原虫)の侵入に対して人体がつくる8種類の抗体を特定。これを目印に血液検査と投薬治療を進めれば、地域の感染を最大で7割減らせると試算した。 今後は安くて手軽な診断キットになるよう、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング