3、4月に東北の太平洋沖で広がった親潮の面積が、1982年の統計開始以降、最も小さかったことが、仙台管区気象台の観測で分かった。親潮は栄養分を多く含み、豊かな漁場を育む。気象台は「親潮の変化が三陸沖など北日本の不漁に大きな影響を与えている」としている。 気象台によると、今年3、4月に太平洋沖で観測した親潮の平均面積は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング