写真

国際宇宙ステーションでロシア改憲案の是非を問う全国投票にオンライン参加し、投票後のタブレットを見せるアナトリー・イワニシン宇宙飛行士(ユーチューブから・共同)

【モスクワ共同】ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスは6月30日、国際宇宙ステーションに滞在するロシア人宇宙飛行士のアナトリー・イワニシン氏が憲法改正案の是非を問う全国投票にオンラインで参加したと発表した。ロスコスモスによると、宇宙からの投票参加は世界で史上初めて。 6月25日から始まった全国投票は7月1日に最終日を迎える。首都モスクワと西部ニジェゴロド州の住民に限り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング