写真

開館式が行われた鉄道博物館=6日、台湾・台北市(共同)

【台北共同】台湾・台北市で日本統治時代に鉄道部(鉄道省)として使用された建物の修復が完成し、鉄道の発展史などを紹介する「国立台湾博物館鉄道部園区」として生まれ変わった。開館式が6日、同市で開かれ、蔡英文総統は「歴史的遺跡の再利用だ。台湾には豊富な文化資産がある」と述べ、観光振興に生かしていく考えを表明した。 建物は1918年に建設され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング