写真

東京五輪聖火リレーのスタート地点、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で取り外される垂れ幕=3月26日

新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止になった東京五輪の聖火リレーの関連で、出発地の福島県が既に支出した費用が約2億5千万円に上ることが7日、分かった。中止決定が出発2日前だったことから、設営や警備にあたる業者に契約通り経費を支払う必要があったためで、結果的に多くが無駄な支出となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング