河井夫妻、買収額2900万円超 8日起訴、前法相「主宰者」認定

共同通信 / 2020年7月7日 18時29分

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、東京地検特捜部は公選法違反(買収)の罪で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)を勾留期限の8日に起訴する。買収目的での配布額を逮捕時から300万円以上積み増し、2900万円超とする見込み。 案里議員の選挙運動の中心的役割を担っていたとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング