農林水産省は13日、豪雨による農林水産関係の被害額が同日午後2時の時点で159億9千万円になったと発表した。調査はまだ一部で、進展次第で今後増える見込みだ。全国の広い範囲で農作物や農業施設、林野、水産関係に影響が出ている。 農畜産物では、熊本、鹿児島両県を中心に被害が確認され、これまでの判明分は14億1千万円だった。水稲や野菜のほか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング