埼玉県八潮市で6月に給食を食べた市立小中学校の児童や生徒ら3453人が下痢や腹痛を訴えた集団食中毒で、市教育委員会は13日、メニューの海藻サラダが原因だったと明らかにした。病原大腸菌「O7」が検出されたという。 市教委によると、給食を提供した「東部給食センター」(同市)が、海藻の加熱処理を怠っていた。市立小中学校は1学期の終了まで給食を取りやめ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング